気ままな自由人 ~The1Room屋根裏部屋~

30代フリーランスです。リンクにある『The1Room』と言うファッションサイトを運営してます。ここはファッションとは違う雑記を中心に流し見できる気軽なブログにしたいなと思います。

家族の事

先月の末、父が70歳で他界しました。

 

急性白血病でした。

 

まだ、一週間ですので何とも言えない寂しさがあります。

 

2月から闘病し抗がん剤治療を行っていたこともあって、

免疫力が低下する為、母以外の面会は断っていた様です。

主治医からも、母以外の面会は極力控える様言われていたそうです。

本人も、病気を治し退院するつもりで今はいいと断っていた様です。

 

そんな父は、教員の仕事をしておりました。

定年後も講師として働きながら、田舎に一人でいる私の祖母の為

週の半分を、実家と田舎を行き来する生活を5年程続けておりました。

体力に自信があり、毎年の健康診断も問題なかったそうです。

 

2月中旬、仕事から帰宅後に体調不良を訴え病院に行ったところ

急遽入院となりました。

急性赤白血病と言う病気だったそうです。

 

私は地元を離れ、関東にいる為

『コロナが落ち着くまで、今は来なくて良いと。。』

 

父は高齢となる為、脊髄移植はできませんでしたが

抗がん剤治療も治すためだと、前向きに闘病しておりました。

 

2度目の抗がん剤治療後でした。

副作用もあり日に日に。。。

3度目の抗がん剤治療は、体力的に難しく痛みの緩和治療に切り替わりました。

4月は痛みとの闘いだったそうです。

治療と言うよりも、痛みの緩和。

一度だけ、比較的体調の良かった日にLINEのテレビ電話で話しました。

孫の入学式や学校の事を心配していました。

 

先月末頃に容体が急変し永眠しました。

3カ月弱でしたが、本人にはとても長くつらい治療だったそうです。

 

お通夜・葬儀は緊急事態宣言下の為、高齢な祖母や親戚に配慮し

家族葬にて行ったそうです。

不要不急ではありましたが、母や兄と話、

万一の感染リスクを考え悔しいけれど自粛となりました。

私以外にも、私の叔母にあたる父の姉達も自粛したそうです。

 

私は、面会にも行けず葬儀にも出席できず。

父の最期の顔を見る事が出来ませんでした。

lineで送られてきた写真の遺影のみです。

喪主をした兄、それから母も辛かったのではと。。

 

父は、生前闘病中も祖母の事、私や私の家族の事、

マスクが不足していないかなど、身内の心配ばかりしていました。

 

私は、父を尊敬していましたし

子供のころはヒーローの様に思っていました。

 

まだまだ、これからも元気でいると思っていました。。

 

今となっては、父に日ごろの感謝の気持ちや

労いの言葉などもっともっと伝えておけば良かったと後悔しています。

親孝行は少しでも出来ていたのだろうかと。

 

感謝の気持ちや、労いの言葉は親が元気な内にしておくべきだったと。。

もっと『ありがとう』と言えば良かったと今は思います。

 

コロナが終息する事を願っております。

 

私も、子を持つ親として父として頑張っていかないと。

仕事も今後、今まで以上に頑張らないと。